深夜電力と蓄電池システム

2020年10月 山梨県のC様宅にてソーラーフロンティアの蓄電池システムを設置してきました。

6.5kWh蓄電池
ハイブリッドパワコンとDC/DCコンバータ

C様は、東京電力ではもう新規に契約できない『深夜電力』と分類されるご契約をされております。これは日中と夜間で電気料金が変わり、日中は割高の単価ですが、夜間の単価は低く抑えられており、夜間に電力を使う機械をお持ちの方にはお得な契約内容です。

今回導入されたハイブリッド蓄電システムは、この『深夜電力』と相性が抜群です。何故なら、この蓄電池は充電・放電の時間を設定する事が可能なため、電気料金の安い夜間に蓄電池を充電し、電気料金が高くなる日中に蓄電池を放電させる事ができます。こうなると、日中の高い価格で買っていた電気の一部を、夜間の安い価格で買う事になるので、電気代がお得になります。

前の記事

太陽光とV2H

次の記事

BGMS講習会新着!!